パパさんに聞いた育児疲れと育児ストレス

赤ちゃんはかわいいけど、なぜ泣いているのかわからなくて、こちらも泣きそうになることが何度もありました。

 

あぁこれが育児ストレスかと思うことも多々ありましたが、そのたびに、赤ちゃんは泣くのが仕事、その泣くのをあやすのが僕の仕事と思ってあやしていました。

 

お腹がすいて泣く時はわかりやすくて、男の僕でも対応ができますが、お腹一杯になった状態で泣いてしまうと、原因がわからず、イライラ育児ストレスを感じることもありました。

 

特に、僕は体温が高めのせいか、抱っこすると比較的すぐに寝てくれていたのですが、置いた途端泣きだすこともよくありました。ゲームと思ってがんばりましたが、なかなか寝てくれず、夜中まで何度も繰り返しをすることもありました。

 

これをお母さんは一日中やっていると考えると育児疲れという言葉がはやるのもわかるなと思いました。

 

少しでも分担してストレスを減らそうと考え、バランスボールを購入し、その上でボヨンボヨンとしてると赤ちゃんは良く寝てくれました。それまでは、車にのせて心地よい振動を与えて寝かせてたのですが、この方法は家から出る必要もないのでかなり使えます。

 

そのうち、バランスボールの座ったまま、両側を壁で支えて寝る技術も身につけました。さすがに夜中になると赤ちゃんも目が覚めないのでうまく置くこともでき、良かったです。

 

赤ちゃんが成長するにつれイライラが…

赤ちゃんがはいはいから立って歩くようになると、今度は家中を荒らしまわってくれるので、かなりイライラしました。

 

ある程度物心がついてくると、トイレ問題も発生しました。

 

とりあえず、頻繁におしめをかえないといけないのは非常にストレスがたまりました。くさいし、かなり柔らかい事が多かったので、外出した時はもう勘弁してほしいと思うことが頻繁にありました。

 

でもそういう時には、みんなが通ってきた道だ、子供に罪はない!と思って耐えました。

 

現在の育児に関する悩み

今は、もう小学生と幼稚園児です。

 

おしめのイライラはなくなりましたが、今度は、言ったことをわかっているはずなのに、やらないとか、おもちゃを散らかしっぱなしでかたずけない。さてさて、どうやって子供たちが自分からそういう行動(おかたずけ)をできるようにするか非常に悩んでいます。

 

クリスマスシーズンの直前はサンタさんが見てると言えば、サササっとかたずけてくれます。これを常にできるようにしたらどうしたらいいか。

 

非常に悩ましいけど、子供との戦い(ゲーム)を楽しみながら育児をしていきたいなと思います。