育児疲れで朝起きれない!原因と対策について

ひと口に育児疲れといってもさまざまです。眠れない人、朝起きれない人、虐待をしてしまう人など、いろんな症状がありますから、育児疲れといってもいろんな症状があります。

 

そのひとつに、先ほども述べた”朝起きれない”がありますが、『誰だって疲れて起きれないことはあるでしょう』という安易なものではなく、どんなに早く寝ても朝起きれないのが育児疲れの症状のひとつなのです。

 

子供がまだまだ小さいうちは、なかなか眠れず朝起きれない人もいるでしょう。そういった睡眠不足は、メンタルを不安定にしますから注意が必要です。

 

朝起きれない原因

育児で眠れない、疲れが溜まっていて起きられないなどいろんな原因がありますが、子供の年齢によって原因は異なります。

 

たとえば子供が小さい場合、夜泣きや夜中の授乳でなかなか寝ることができません。寝ても度々起きることになりますから、当然ぐっすり寝ることはできないでしょう。そうすると、朝起きるのが辛くなってしまいます。

 

特に新米ママはすべてが初めてのことですから、先輩ママよりも育児疲れを感じやすいといいます。

 

次に多いのが”疲れが溜まりすぎている”場合です。

 

2歳・3歳と子供が成長するごとにやることも増えます。赤ちゃんのときのように夜泣きや夜中の授乳がないため途中で起きなければいけないということはありませんが、そのぶん疲れが溜まりすぎて朝起きることができなくなってしまいます。

 

どうすれば目覚めが良くなる?

子供が小さいうちは、お昼寝が必要です。子供と一緒にお昼寝をするのも良いでしょう。

 

『夜眠れなくなる』と不安になる方も少なくないと思いますが、15分寝るだけでもずいぶん睡眠不足は解消されます。また身体の不調も改善されるので、夜のことはあまり気にせず一緒にお昼寝しましょう。

 

育児中はどうしても疲労を感じやすいですから、疲労解消に良い食べ物を取り入れるのも良いですね。

 

オススメは、『鶏の胸肉』『豚肉』『にんにく』など。鶏の胸肉は医学的にも”疲労が回復する”と実証済みです。食べごたえもありますし、いろんな調理法があるのでぜひ夕飯に取り入れてみてください。

 

豚肉には疲労を回復するビタミンB群が、にんにくは疲れを解消すると有名な食材です。

 

他にも、クエン酸やカフェイン、コエンザイムQ10なども疲労回復に役立つといわれています。疲れてなかなか眠れない・朝起きるのが辛い方は、ぜひこれらの食材や栄養素を摂取してみてくださいね。

 

サプリメントも有効

私が実際に愛用しているサプリ「すっぽん小町」も、朝起きれない悩みを解決するのに有効ですよ。

 

事実、私も朝の目覚めが良くなりスッキリ起きれるようになりました。

 

⇒育児疲れ・育児ストレスで悩んでいた私の救世主とは?

 

関連ページ

2歳児への育児疲れと対処法
『魔の2歳児』といわれている2歳児の育児は非常に大変です。当然のようにほとんどの親御さんは育児疲れが半端ないです。そんな魔の2歳児を乗り越える対処法をご紹介します。
かける言葉で育児疲れが解消する?
かける言葉一つで育児疲れが解消したり、逆に傷ついたりイライラすることも。どんな言葉が解消するのでしょうか。
【高齢出産による育児疲れ】高齢ママのための育児ポイント
高齢出産は若い人たちよりも育児疲れを感じやすいものです。高齢ママのための育児ポイントをご紹介します。