育児ストレスで虐待してしまう…止めることはできる?

育児ストレスにもいろんなタイプがあります。もっとも多いのが夫へのイライラや子供への虐待です。

 

子供が産まれるまでは大好きだった夫も、育児中に嫌いになるケースは少なくありません。子供も、ストレスによってイライラをぶつけてしまう人は存在します。

 

できればそんなことのないように過ごしたいですが、そうもいかないのが育児です。子供を虐待してしまわないように、育児ストレスの上手な対処法を学びましょう。

 

パーフェクトは目指さない

なんでも完璧にやろうとする人ほど、育児ストレスを抱えやすいといわれています。もちろん、誰だって多少のストレスは感じますが、特に完璧主義者は思うようにいかない育児で大きなストレスを感じやすく、周囲へのやつあたりでストレスを発散しがちです。

 

ですから、少しでも育児ストレスを軽減するには、”パーフェクトにならない”ことがポイントになります。

 

『なんとかなるさ』『ま、いっか』。一見適当に思われがちな2つの言葉は、育児ストレスを軽減する大きな魔法になります。

 

もちろん、『ま、いっか』で育児を放棄するわけではありません。あくまで良い意味で”手を抜く”こと。これが上手くできる人は、ストレスを抱えにくく、思わぬ虐待も避けることができるでしょう。

 

また、人は人、自分は自分と割り切ることも大切です。比べてしまうとどうしてもストレスになってしまいますから、割り切る気持ちを持つことでストレスも軽減します。

 

夫との関係性を見直そう

ひとりで何でもやろうとしていませんか?育児は、何も妻だけがやるものではありません。安定した育児をするためには、夫の協力も必要不可欠。

 

もし夫が何もしてくれないというのであれば、協力してもらうようお願いしてみてください。

 

夫との関係性を見直すだけでも、育児によるストレスは改善され、子供への虐待も減るといわれています。

 

育児困難に陥る女性の多くは”ほぼ一人で育児をしている”人が多いといいますから、夫の協力は非常に重要になるでしょう。

 

頼ることも大切

ストレスを感じるなら、夫に頼ってください。夫だけじゃなく、両親や兄弟に頼るのも良いですね。自分一人ですべてやろうとするからストレスになってしまうのです。

 

夫との関係性もそうですが、周囲との関係性も見直すことで、育児への不安やストレスも減り、気持ち良く子供を育てることができるでしょう。

 

虐待は止めることができます。そのためには、ストレスの原因を知り、解決策を見つけることが大切です。

 

関連ページ

育児ストレスで離婚にならないための注意点
育児ストレスで離婚!?実はかなり多い育児が理由による離婚問題…。そうならないための注意点をご紹介します。
育児ストレスで旦那にイライラする理由と解決法
旦那にイライラ…。育児ストレスで旦那にイライラする理由とは?イライラを解決して育児ストレスを少しでも軽減する方法をご紹介します。
上の子が赤ちゃん返りで育児ストレスに?
上の子が赤ちゃん返りで育児ストレスに?赤ちゃん返りの特徴とケアについて解説します。
もしかして育児ストレス?こんな症状があったら要注意
育児ストレスに気付かないママさんもいます。あなたは大丈夫でしょうか?・・・もしかして育児ストレス?こんな症状があったら要注意ですよ。