上の子が赤ちゃん返りで育児ストレスに?

赤ちゃん返りとは、2~3歳の子供に多い症状です。特に下の子ができたときに起こりやすく、まるで赤ちゃんのようになってしまうことをいいます。

 

下の子の育児で追われているときに上の子が赤ちゃん返りになってしまうと、育児ストレスはMAXに…。

 

子供はママが育児ストレスになっているなんて分かりません。おかまいなしに『かまって!』と体当たりしてきます。

 

赤ちゃん返りの特徴

子供によって症状は違いますが、たとえば3歳になりひとりでトイレができるようになった子が、赤ちゃん返りによっておもらしを繰り返すようになることをいいます。おむつが取れていますから、当然大変な状況は目に見えて分かります。

 

ついママは怒ってしまいますが、これが実は逆効果になります。

 

一度赤ちゃん返りした子供は、きちんとケアをしてあげないとどんどん悪化してしまうからです。

 

要するに、”今までひとりで出来ていたことをしなくなる”のが赤ちゃん返り。着替えができない、食事ができない、すべて『ママやって』とひとりでやらなくなってしまうわけです。

 

人の話をさえぎって、自分をアピールしてくる子もいるでしょう。こんな症状が出てきたら、赤ちゃん返りを疑っても良いかもしれません。

 

もちろん、必ずしも2人目が産まれてから起こるものではありません。なかには2人目がママのお腹にいるときに起こるケースもあり、子供によって本当にさまざまです。

 

赤ちゃん返りをどのようにケアすれば良い?

 

まず、怒鳴るのはやめましょう。

 

ダメなことはきちんと怒らなければいけませんが、頭ごなしになんでも強く怒ってしまうと、なかなか症状は改善されません。お漏らししている場合、4歳や5歳になってもお漏らしが治らない場合もあります。

 

育児ストレスでイライラしてしまう気持ちも分かりますが、子供の寂しい気持ちやかまってほしい気持ちをきちんと理解し、やみくもに怒らないようにしましょう。

 

接し方にはコツがあるといわれています。それは、”実際の年齢よりマイナス2歳の子供に接するようにする”こと。

 

たとえば5歳の子供だったら、3歳児と思って接することです。下の子が産まれたときに実践すると、意外にも効果があり赤ちゃん返りを予防できるといわれています。あくまで一例ですが、ぜひ試してみてくださいね。

 

この症状は、寂しがっているサインです。

 

それを無視し怒ってばかりいると、子供の気持ちはどんどん寂しくなってしまうでしょう。育児ストレスで大変なときにとても困った症状ですが、無理のない範囲で上の子もきちんとかまってあげるようにしてくださいね。

 

関連ページ

育児ストレスで離婚にならないための注意点
育児ストレスで離婚!?実はかなり多い育児が理由による離婚問題…。そうならないための注意点をご紹介します。
育児ストレスで旦那にイライラする理由と解決法
旦那にイライラ…。育児ストレスで旦那にイライラする理由とは?イライラを解決して育児ストレスを少しでも軽減する方法をご紹介します。
育児ストレスで虐待してしまう…止めることはできる?
育児ストレスで虐待してしまう…。虐待するつもりはないのに、イライラがMAXでつい手が出てしまうことってありませんか?育児ストレスによる虐待行為は止めることはできるのでしょうか。
もしかして育児ストレス?こんな症状があったら要注意
育児ストレスに気付かないママさんもいます。あなたは大丈夫でしょうか?・・・もしかして育児ストレス?こんな症状があったら要注意ですよ。