育児ストレスで離婚にならないための注意点

子供の成長を感じる喜びと同時に、育児ストレスを抱えている女性は少なくありません。特にはじめての育児では、分からないことも多くさまざまなストレスでノイローゼになる方もいるでしょう。

 

そんな育児ストレスで最悪のケースが『離婚』です。

 

子供にとって片親になってしまうのは悲しいもの。また、一時的なストレスで離婚をし、後悔する夫婦は少なくありません。

 

では、どうすれば育児ストレスによる離婚を避けることができるのでしょうか?

 

自分の時間を作ろう

育児をしていると、目まぐるしく1日が過ぎるので、なかなか自分の時間を作ることができません。しかし、ほんの一瞬の時間でも息抜きするように意識すれば、ストレスは溜まりにくくなるといわれています。

 

たとえば、子供がお昼寝中に好きなドラマや映画を見たり、読書をしたり、新しいことにチャレンジしてみるなど良いでしょう。また時に夫や両親に子供を預けて、お出かけするのも良いかもしれません。

 

息抜きができれば適度にストレス発散できるので、家族への愛情も実感できます。子供や夫に対しても笑顔で向き合っていくことができるでしょう。

 

夫に求めることを辞める

育児によるストレスで離婚に至る理由はさまざまですが、そのひとつに”夫に多くを求める”ことが挙げられます。

 

気が利く旦那さんであれば、率先して手伝ってくれるかもしれません。しかし、ほとんどの男性はそうではないでしょう。家族のために外で稼いでくる。それが男性ですから、どうしても積極的に家事を手伝ってくれる男性は多くありません。

 

そんな夫に多くを求めてしまうと、どんどんストレスは溜まってしまいます。ついつい強く当たってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 

ここで『もっと手伝ってよ!』といってしまうと、夫も気分が良いものではありません。ますます喧嘩が増え、プラス育児によるストレスで家庭は崩壊してしまいます。

 

もともと男性はそんなもの。と、あまり多く求めないようにすればストレスは軽減できますし、もし手伝ってほしいときは『手伝ってくれると助かるなぁ』『○○やってもらえると嬉しいな』と優しくお願いしてみましょう。

 

そして、手伝ってくれたら必ず『ありがとう』と感謝の言葉を伝えてくださいね。

 

育児ストレスで離婚しないために

 

  • 自分の時間を作る
  • 夫に求めることを辞める

 

この2つを注意するだけで、夫婦仲を保つことができます。

 

どうしてもイライラしやすい時期だからこそ、すべてを完璧にしようとせず、多くを求めすぎないように気をつけましょう。

 

関連ページ

育児ストレスで旦那にイライラする理由と解決法
旦那にイライラ…。育児ストレスで旦那にイライラする理由とは?イライラを解決して育児ストレスを少しでも軽減する方法をご紹介します。
上の子が赤ちゃん返りで育児ストレスに?
上の子が赤ちゃん返りで育児ストレスに?赤ちゃん返りの特徴とケアについて解説します。
育児ストレスで虐待してしまう…止めることはできる?
育児ストレスで虐待してしまう…。虐待するつもりはないのに、イライラがMAXでつい手が出てしまうことってありませんか?育児ストレスによる虐待行為は止めることはできるのでしょうか。
もしかして育児ストレス?こんな症状があったら要注意
育児ストレスに気付かないママさんもいます。あなたは大丈夫でしょうか?・・・もしかして育児ストレス?こんな症状があったら要注意ですよ。